SINGLE CD

桜の歌

2011年01月26日発売
MUCD-5183
1200円+税

「今、踏み出すその一歩が、未来への大きな一歩になる!」

「ポップス」と「オペラ」を融合した「ポップオペラ」というスタイルを提唱する”次世代ヴォーカリスト”。
繊細かつ迫力のある歌声はまさにイリュージョン・ボイス。コンサートでは、ヴォーカリストとしての存在感とパフォーマンスで、見る者を圧倒する。前作、「希望の歌~交響曲第九番~」では、初の合唱パートを用いた楽曲で、全国にノリマサ合唱団を結成し、「聴くクラシック」から「歌うクラシック」を披露。話題の中、リリースされる最新作は、藤澤ノリマサ初の「桜」ソング。「春」、「旅立ち」、「希望」といったキーワードから「今、踏み出すその一歩が、未来への大きな一歩になる。」といったメッセージ込めた楽曲。モチーフには、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」から「花のワルツ」と「行進曲」を使用。またカップリングには、久々のオリジナルポップオペラ披露。ウェディング・ソングをイメージしたバラード曲「Melodia~君に捧げる愛の歌~」と、ドヴォルザークの「ユーモレスク」をモチーフにした楽曲「Sing A Song」を収録。

収録内容

  1. 桜の歌(チャイコフスキー/くるみ割り人形)
  2. Melodia~君に捧げる愛の歌~(オリジナルポップオペラ)
  3. Sing A Song(ドヴォルザーク/ユーモレスク)
  4. 桜の歌(カラオケ・ヴァージョン)